スキンケアが手薄になりやすい膝の黒ずみは角質を優しく刺激する手入れが改善のカギ!

“膝の黒ずみは、脇やデリケートラインに比べて意外とノーマークの人が多く、ふと気が付いたら小僧部分が楕円形に茶色くなっていたというケースが多いです。

実は膝の黒ずみができる箇所は、皮脂量が比較的少ないので只でさえ乾燥しやすく、角質が分厚くなりやすい特質を持ってます。

しかも毎日の歩行や運動で足を伸縮させる活動も大変多い事から、毛穴も簡単に開く状態になり、隙を見ては皮脂や古い角質も入り込みやすくなるのです。

どの原因でできた膝の黒ずみも皮膚に十分な潤いを補給すれば、しっかり乾燥を予防し、毛穴を適度に引き締める事ができます。

ただ膝にできる黒ずみは、他の箇所と違って角質がガチガチに凝り固まるのが特徴なので、単に保湿ローションや美容液で水分を補給だけでは十分に深部まで浸透しません。

そこで是非日常のスキンケアに取り入れたいのが、角質を柔らかにしてくれる化粧水の利用です。

顔にも使える角質柔軟化粧水は、プレ化粧水や収斂用ローションとして使われる事が多いですが、カラカラに乾いた細胞間に沢山の潤いを満たしてくれるので、その後に使う保湿化粧水や美容液の浸透を確実にスムーズにしてくれる効果があります。

一方で膝の黒ずみが単なる皮脂や角質汚れであれば、自宅で簡単に作れる重曹水パックやピーリングジェルで肌マッサージするだけで、毛穴を綺麗にクリアにする事ができるので、ケアする前に正しく原因を分析する事も大切です。

そして膝の角質ケアをした後は外気が入り込みやすい無防備な状態なので、必ず保湿クリームを使って潤いを逃がさないようにしましょう。

膝の保湿に効果的なのは、皮脂と似た成分が補えるシアバターや肌細胞を活発にする効果がある尿素配合クリームです。

又、日常生活ではピタッとしたスキニーパンツやタイトスカートを頻繁に履くような事は避け、空気の通り道が適度にできるコットン製のラフなパンツやワンピースなどを着て

ゆったり過ごす事も黒ずみ対策には良いので覚えておくと便利です。

膝の黒ずみについての情報サイトはここがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です